お気に入りの一枚は娘にそっくりなひよこ服

子どもが産まれて

周りの方たちから

たくさんのベビー服をいただいた

 

そんな中でも

一番のお気に入りはこの黄色の服だった

 

なんといっても

胸のひよこがたまらなくイイ

頭の羽や顔が

笑ってしまうほど娘に似ていて

洗濯物が乾けば

真っ先に着させていた

 

そういえば

私が小さかった頃

病院の待合室で

向かいに座っていた男の子が

「あの子の口、すごい尖ってる!」と

私の顔を指さして騒いだことがあったとか

母はものすごく恥ずかしかったと言っていたけれど

 

娘の顔を見る限り

その血は色濃く伝わっているようで

アヒル口が市民権を得た時代に産まれて良かったと

寝顔を見ながら思うのだった

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

八木橋 真心

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。