お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

✴Ren日記✴2017年10月10日 良いぞって思ってしまってごめんなさい

小学2年生の長女は、持久走大会、相撲大会、プール記録会、そして今週末にある運動会など、行事前はいつも鬱々する。

そして、なぞの病気風になり、お腹や足が痛くなり、登校拒否し始める。

今回のミニ運動会前は、何とか登校拒否にはならず、学校へ行っていたが

【体操服が小さくて入らなくなり、帽子はなくした】

 

と先生に謎の嘘を突き通し、運動会の練習はジーパンとTシャツで参加していたとのこと。

 

何で?何のために?

 

先ほど、主人に先生から『中村さんとこだけ勝手なことをして困る』と電話が入ったそうな。。。

実は、もう1ヶ月近く、体操服の洗濯が出ないから、変だなーと長女に聞いたら『運動会の練習はしなかった』とか、『ミニ運動会だから体操服は着ない』とか。。鵜呑みにした私が、ばかでちょっと我ながら可笑しい。

念のため体操服を着させると、もちろん小さくなかった。

そして、なくしたと嘘を突き通していた帽子を見ると名前のところをマジックで消してあった。

なんか、色々あがいている長女が、なんだか面白くて可愛くて、何でか良いぞ!と思ってしまった。何か、、学校の行事、嫌なんだろうなー。

8件のコメント

小2で、自分を持っているところがいいね。
RENさんの子だから、ノーマルではないと思うけど、
私は、そういう子が好きだなぁ。

感受性が豊かな子だから、いろいろ考えるんだろうね。
そういうとき、母として、どう対応するか、
試されるね。

わが子の方が先生なんだから、しっかり学んでください。

ふうちゃんは活発な子どもという印象を持ってきましたが、運動関係が嫌なのかな・・・
それとも学校行事的なものや集団行動が嫌なのかな・・・
パパは先生の電話をどのように感じられたんでしょうね。

ふうちゃんとそして先生とお話をしてみることは必要でしょうね。

ふうちゃんも、レンさんも、どうか、どうか、そのままで~♡

ふうちゃんの個性を潰さないでいられるのは、レンさんがママだからだー、うん!

「ノーマルではない」っていう藤本さんの言葉、最高の誉め言葉だなー♡

近藤さん

私もノーマルでないから、ふうちゃんを他人に思えないの。
でも、だれよりふうちゃんも、私も、普通なんだけど。

みんなと同じが正しいのではなく、
一人ひとりの個性を大事にしてあげると、学校ももっと楽しいのにね。

コメントを残す

ABOUT US
中村泰子
三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 夢は大金と時間の余裕をもって、母娘旅行をすること。