運命の子誕生

お腹にいる時から、いつもサポートしてくれていた第3子誕生秘話。

生まれた日は結婚記念日の前日、しかも退院の日は私の誕生日。

全てを悟っているかのように

どっしりとあたたかく揺るぎない存在感。

 

お母さん、お芝居へ行こう!

編集会議に子連れ取材。。。

怒濤のお母さん大学生活は、この子と共に始まりました。

*****************

「運命の子誕生」

2008年9月21日、第3子が生まれました。

今回は、助産院で家族立ち会いの出産を希望し(夫と子どもたち)、それに向けて日々語りかけていました。
「みんながいる時に生まれてきてね」

予定日は10月2日。
産前産後の手伝いにと義母が韓国からやってくる日が9月22日。

私の中で、「義母が来る前に産みたい!」という思いが募っていきました。
(義母一人を残し、家族立ち会い出産?義母も一緒に立ち会う?それはちょっと、恥ずかしい気が・・・)

そんな悩みを助産師さんに相談すると、
「大丈夫、赤ちゃんはちゃんとベストな日を選んで生まれてくるから」という答え。

本当にそうでした。
日曜日、家族揃っての夕食後陣痛が始まり、助産院へ。
子どもたちは興奮しつつも真剣な表情。
陣痛の波に乗り、 穏やかな灯りの中、みんなに見守られ生まれてきた我が子。
6歳になる長女は、へその緒がついたままの状態で抱っこ。そのキラキラとした眼の輝きが印象的でした。

小さくて、手の中に納まるぐらいの大きさなのに、とても大きな存在。私たち夫婦の絆を再確認させてくれた運命の子。
「この子と一緒に歩んでいこう!」
そう思いながら、いつまでもいつまでも見つめていた私がいました。

ABOUTこの記事をかいた人

村本聖子

「思い立ったらすぐ行動!」 をモットーに動き回る3児の母。 みんながニコニコ、ハナマルになる世界を願いながら、日々の感動•気づきを韓国から発信中。 夢はココカゲン(ココロとカラダがゲンキになる空間)を創ること&MJ記者として世界を飛び回ること。