お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

とけた謎

七五三のことを聞きに、近くの神社へ行った。

神社名の入ったベストを着て掃除をするおじさま(私の親の世代)にいろいろ聞いてみたところ、七五三のことからこの辺の幼稚園のこと保育園のこと、そしておじさまの子どもの頃のこと、お仕事のことなど、たくさんお話が聞けた。5分10分の間に。

おじさまはこの神社の氏子総代だそう。
ちょっと飽きてしまった娘に、さっと小田急線のロマンスカーのカードを出すおじさま。
なんと、かつて小田急線の運転手さんだったそうで。

そしてずっと気になっていた謎がとけた。
お正月にお詣りに来た時も、何の説明もなく唐突にロマンスカーカードをもらったことがあり、小田急が協賛している様子もなさそうなのになんで神社でもらえたのか不思議に思っていた。

裏にはこんなことが書かれているカード。

ロマンスカーに乗った時やホームで電車を見ている時などに、車掌さんがくれることがあるもの。

ちょっとしたきっかけで、地元を良く知る方とお話ができてとても嬉しい日だった。

※いただいたロマンスカーカードを落としてしまったようで、画像は借りものです。

4件のコメント

いいお話ありがとうございます、
子どもたちの憧れの電車の運転手さんからそんなカードがいただけるなんて、夢がありますね!
大人の私でも嬉しいかも。

電車内でもらった時はまだ1歳ちょっとだったのですが、車掌さんが私ではなく娘に話しかけながらカードをくれたのがとても嬉しかったです。
最近乗車時にあまりもらえず、男の子とわかりやすい子にだけ配っているのかも?と思っています。

ロマンスカーの写真につられてきました(笑)
20歳の次男が 小さい頃かテツ(鉄道ファン)なもので
わが子も小さい頃 そのようなものを
貰えたらさぞ 喜んだでしょう

コメントを残す

ABOUT US

曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/