お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

どっちがお母さん?

今日はソウルへお出かけでした。

次男は学校が終わり私より先に帰宅。

「ママどこ~?」

と電話があり

「今、駅に着いたから、これからバスに乗って帰るね」と答えると

「雨ふってるからきをつけてね。いそがなくていいからね。ころばないようにね。。。」と

まるでお母さんのセリフ。

しかも

バス停を降りて家に向かっていたら

窓から顔を出して手を振って迎えてくれて

&

玄関でおかえり~もしてくれて。。。

なんだか

私が子どもで次男がお母さんになったような。

雨降りの午後

心ポカポカの出来事でした。

2件のコメント

ほんとですね~。最近さらに感じます。
こうやって少しずつ親離れ子離れしていくんだなと。。。
だからこそ限られた時間、大切にしたいですね!

コメントを残す