行けなくなったんじゃなくて行かなくなったんだ。

「学校に行けなくなったんだって?」

娘が学校に行かなくなってから

こう聞かれることがありました。

なんかね、これね、違和感だったの。

「行きたくないから、行かない。」

って、言っているのに、行けなくなった。

って言われるのがね。

 

でね、確かに世の中には体調が

本当に悪くなって

行かなくなる子もいると思うの。

でも、それもさ、体の方がさ

「休みたいって思ってるのに

なんで、休まないの?もう無理だよ。」

っていう信号を出すことで

無理やり行かないことを選択させる為に

体調が悪くなるんじゃないかと思うんです。

 

だからね、結果的に、行けなくなった子も

行かない。っていう選択が出来る場であれば

「行かない。」方を選ぶのかもよ。

と思うんですなぁ。

 

なので、世の中には

「行けなくなった子はいない。

「行かなくなったんだ。」

って私は思うのでした。

4 件のコメント

    • 土居さん

      そうだね。
      フツーの人間だったら、なかなか言えない。
      でも、フツーのお母さんだったら、言える。

      だって、フツーのお母さんなら、何が大切か、わかるから。

      島本さんは、フツーのお母さんになってきている。
      わが子のおかげで、母力がパワーアップしている感じがするよ。

      私たちもフツーのお母さんをめざそう。

  • 私も不登校でした。
    もう6年、7年前になります。
    頭では「行かなくちゃ」って思ってるのに
    身体は動かない。動いてくれないんです。
    学校への道が怖くてたまらなかった。

    そんなときに救ってくれたのがお母さんでした。
    「行かなくてもいいよ」って一言。
    お母さんのその言葉だけで子供は勇気を持てる。
    どんなに周りになにを言われても生きていける。

    大丈夫

  • 島本さん、はじめまして(^-^)
    行かない決意は、頑張って我慢して行く決意よりも、
    勇気のいることだったと思います。

    自分を大切にすることを、お母さんと一緒に心に刻んでいる今、
    すごく貴重な経験ですね!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    島本智恵子

    お母さん業界新聞ちっご版 親子写真担当。 9歳と4歳の娘と 夫と私で、実母と同居中。 ホリスティカルハーブテントで お母さん達の、ゆるゆるライフを実現しようと思ってます。 いい加減が良い加減。