お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

電車で2歳と3歳、想像の世界へ

今日は電車でお出かけ。
その帰り道。

途中から娘より少し幼い女の子とお母さんが乗ってきた。

ちょうど娘は眠気からぐずぐずわがまましはじめたタイミング、私もそれに応戦しはじめたところ。

車内で隣同士、お互い好きな単語を言いまくり、徐々に打ち解けていく女子二人。

女の子は2歳だそうで、ちょうど1歳差。

娘がリードしつつ、エアおままごとがいつの間にか始まっていて、エアなのに女の子も一緒にその世界にはまっている様子。

想像の世界って共有できることにびっくり!と私。
娘が子ども同士でこんなに遊んでるのを見るは初めて!とあちらのお母さん。

「あっという間に仲良しなのねぇ」と降車時に同じ車両にいたおばさま。

乗り換え後も偶然同じ路線の同じ方向で、なんとか新聞を渡しつつエアおままごとと親の会話も少し続いた。

聞けば最近、厚木市のお隣の市へ引っ越してきたばかりだそう。

別れ際、娘と一緒の方へ行きたいと泣いてくれた2歳の女の子。
それに応えて(つられて?)泣いた3歳の娘。

またどこかで再会できたらいいなぁ。

※写真は出かける時の娘。自分でかぶった帽子のななめ具合につい写真に。

6件のコメント

子育て支援センターなどへ行ったり、平日昼に出かけたりもあとわずかなので、3月までにまた会えたら嬉しいなと思います。

ぐずりかけの時に出会った女の子のおかげで
すっかり遊びモードに。
眠気も吹っ飛んだんですね。
どんなエアおままごとなのか
想像するだけでほんわかします。
気があった女の子にまた会えると良いですね。

私はお姉さんなんだ!というスイッチが入ったようでした。
窓枠で、ひたすら何か切ったり食べさせたりしていました(笑)
また会えると嬉しいです。

コメントを残す

ABOUT US

曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/