お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

広報紙の活用方法

市の広報紙を布団にして寝る真似。

高校時代、行事で一昼夜歩くというのが毎年あり、仮眠の際は持参した新聞紙を布団代わりに雑魚寝したことを鮮明に思い出しました。

紙、意外と暖かいんですよね。

2件のコメント

コメントを残す

ABOUT US
曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/