将来性アリ!母を真似して娘がミニチュア始めました

 

毎晩毎晩

ちくちくと小物づくりにはまる

母の背中を見て

次女がミニチュアのケーキを作った

ペットボトルのふたに

粘土をかぶせて

デコレーションしたショートケーキ

パパがあきれるぐらい真剣に

長い時間作業を続ける

ママの作り方を横で見ていたおかげなのか

初心者にしてはなかなかのクオリティ

そういえば

我が母も「モノ」を作るのが好きな人で

私も横から眺めたり

ちょっとしたお手伝いをしたものだった

その体験が今の作品作りのもとになっている

こうして血は繋がり

歴史は繰り返していく

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

八木橋 真心

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。