✴2017年12月10日✴セイウチからのイスの話

私がダウンジャケットを着ていたら、どうしてもセイウチの話をしてしまう8歳長女ふうちゃん。

ね?仕方ないやろ?似てるんだもん。だから、まぁ、もう、連想することは良いとして

 

セイウチ話に耳を傾けてるわけですが、

 

今朝は驚いた。

 

ふうちゃん『ママが死んだら、』

って言い始め、え?何?何?『ママが死んだら???』と、前のめりで聞き入ると、

 

ふうちゃん『ママが死んだら、セイウチになって💕』

 

とのこと。

 

『なんで?』

ふうちゃん『ふうちゃんが、芸を教えるけん、一緒にお金稼ごう🎵』

とのこと。

 

( ̄▽ ̄;)ーーーーーーーー!!

 

な、な、な、な、なんですと??

なんか、色々ぐったり疲れた(笑)

私『死んでもまだ働かにゃ、ならんとかいな。死んだら、ダラダラしてもいいかいな?』

と言うと

ふうちゃん『うーん。そしたら、椅子💺になって💕ママイス💕お膝のとこが座るとこで、腕おきも、腕で作ってて。ふうちゃん、ずっとママのお膝に座っとくけん。』

とのこと。

 

あ、あのぉ。。。

良かったら、生きとる間に、ママイス、座ってみませんか??

ほら、お膝においで。

 

って、したら、

 

ふうちゃん『やだぁー💦💦💦』

 

ええ( ̄▽ ̄;)?

ふうちゃん『お風呂で二人の時にー。ここじゃやだー』

 

だってさ~(´▽`)

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

11、8、5歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。