お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

大きくなった背丈を感じるとき

なかなかうまいタイミングで昼寝が出来なかった今日。

 

もう最近では、自分でお布団に転がって、

相棒のサルのぬいぐるみと眠るのが習慣になっていたのに。

 

夕方、あまりに眠たい様子で私にゴロゴロくっつく娘。

そのうち、膝の上で眠ってしまうことは

まだ、たまにある。

 

横抱っこされるように膝に乗る娘を、ふとそのまま立って抱くと

トローンとおめめを閉じ…

 

何ヵ月ぶりかに、横抱っこで揺られながら眠ってしまうのでした。

 

何ヵ月前は、両腕を輪っかにして十分足りていた娘の体が、

今日はもう、あんよも、おてても、すっかり輪から出てしまう。

ついでに重さもズッシリ。

 

大きくなったなぁ。

またこうやって抱っこできて、うれしいなぁ。

 

よく、抱っこから降ろすと泣いてしまう娘を、

夕方の黄昏泣きの時間、

こうして横抱っこしたまま、夫の帰りを待ったものでした。

(そこからもう一度寝付かせる体力がなく…)

 

ぷんぷくホッペさん、今日もよく遊び、よく眠っています。

8件のコメント

抱っこしながら、成長を感じられるって、
素敵な時間ですね~!

うちの子ども達も、黄昏泣きやってました。
毎日毎日・・・あの頃は「はぁ、まただ・・・」って思っていたけど、
懐かしい想い出です。(*^^*)

思い出せて良かったです。
ありがとうございます。

たて抱っこでは分からない、体の重みと大きさでした^^
黄昏泣き、言葉はなんだか哀愁があって素敵なんですけどね…
私もいつか、夕日を見て思い出すのだろうと思います^^

『冬景色』は、教育テレビの『にほんごであそぼ』で紹介されていました。
唱歌には、日本語のイントネーションの美しさや、情景が見え、
歌っていると気持ちの良いものが多いなと感じています。
元気な時、ねんねの時、ごきげんななめな時、場面に合わせた歌を歌ってあげられるようになりたいです。

コメントを残す

ABOUT US
吉村優
◇MJプロ ◇神奈川県横須賀市在住  ◇2016年生まれ 年長1人娘 ◇わたし版「pokke版」 ◇夫は10歳年上 ◇学童保育指導員  ◇『お母さんのことはお母さんに聞こう』が私のお母さん大学キャッチフレーズ  ◇「母時間ラジオ」パーソナリティ