クレーム対応をまなぶ

朝からお怒りの我が家の末息子3歳。

世の中全てに怒ってます!!!押忍!!

ってくらいの勢いで、寝起きからイヤイヤ爆発。

なんとか朝食の席につくが、目の前の目玉焼きを見てまた激怒。

「ボクがパカッてやりたかったーーーー」

と卵を割りたかったと。

もうどうにもならなかったので、卵をボールにパカっと割らせる。

(母のランチは卵かけご飯に決定した瞬間)

そのあとも、

牛乳を、上のところまでいっぱい入れろだの。

ご飯は嫌だの。

かといって、パンも嫌。

バナナはちょっと痛んで黒い部分が許せないし、

ねぇねが一言発するのにも

「うるさーーーーい!!!!」とお怒り。

最終的に牛乳をこぼしたところで、

ブチッと母は切れた。

「黙ってさっきから言うこときいてれば、いい加減にしなさいよ!!お外にだすよ!!!」

と、ヤンキー母さん登場。

静まり返る食卓。

 

はぁーっとため息をついて牛乳を拭きながら、気分を落ち着かせる。

 

今日は金曜日。

みんな週末で疲れてる。

もう一度ため息に近い、深呼吸をついて…

ラスト一日がんばろう、、っとお母さんスイッチを押した。

(バックミュージックはEテレのお父さんスイッチ🎵)

 

「さて、みなさんここで問題です!!

お店の定員さんになったつもりに考えてみよう!

イヤイヤなお客さんがきたらどうしますか?」

と、小学2年生と年中の姉2人に投げかける。

少し考えて、

「お客さん困ります。さっきからわがままです。って言う。」と長女。

「もうお店から出てってくださいって言う!」と次女。

 

「2人とも違うな〜。

こういうときは、まず微笑みながら相手の目を見てうなづく。

〝そうですかそうですか〝とうなづきながら、話を一通り聞きながら、

〝◯◯がしたかったんですね〜〟

と、訴えを繰り返して共感する!ひたすら繰り返す!

これを、クレーム対応って言います。

さぁやってみよう!!」

と、実践スタート。

 

ニヤニヤしながら、

「バナナが黒いのが嫌ですね〜そうですね〜」

「パンも嫌ですね〜.ご飯も嫌ですね〜」

最初はねぇねと言葉にすら、お怒りだったお客様も、

繰り返すうちに、

ニッコリ笑顔に納得されまして、オススメされたバナナを2本召し上がりになりました。

 

みんなニコニコ。

クレーム対応も学べて、めでたしめでたし。

 

っという訳で、

朝から疲れた疲れた。

頑張ったお母さんは、コンビニスイーツという名のお給料を貰おうと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

脇門比呂子

横須賀在住6年目になります。 長女五才、次女三才、長男もうすぐ1才、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!大好きな仕事を辞めて今は母業に専念中。 どーせやるなら、毎日どっぷり母業楽しみたい!!と思うのですが、実際はそう思うようにはいかず、、悩みも多々、さっかくなので嬉しいことも悲しいことも、悩んだことも記録に残したいと思い、入学しました^_^