お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

なんでも

雑感。

市民センターの印刷機で印刷中にちょっと目を離したら紙がぐしゃっとなって、とりあえず止めて紙を正しい位置に戻しスピード修正したとき、

小さなつり橋をずんずん進む娘(←夫と一緒)を見送ったとき、

自然いっぱいの場所にぼーっと立ってるとき、

あぁ、子どもどうしのいざこざも少しは見ていないとこんがらかるな、とか、

いつか娘は私から離れていくな、とか、

いずれ娘は巣立って私はこんな大きな自然の中にかえっていくのかな、とか、

どんなことも子どもと関連づけちゃう、それがお母さんなのかな。

コメントを残す

ABOUT US
曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/