手巻き寿司

 

今日の夜ご飯は手巻き寿司。

台所で支度をしていると、「お手伝いするー」と言って息子がやってきた。

きゅうりをきったり、コーンとマヨネーズをまぜたり、酢飯をつくったり…

息子が支度のほとんどをしてくれた。

 

久しぶりにゆっくりと2人で台所に立った気がする。

 

 

 

お腹ペコペコ。

「いただきます!」

食卓に並んだ息子がきってくれたゴロゴロ大きなきゅうり。

切り方を息子に説明するのが面倒で(だって、私が手巻き寿司を夕飯メニューに選んだのは、今夜は夕飯作り楽したかったからなんだもの。)

息子に切り方をお任せしたので、大きめのゴロゴロきゅうりとなったわけだ。

これが、シャキシャキと歯ごたえがあっていい味出してる!

「手巻き寿司には大きめきゅうりがあうねー!今度から任せた!」と絶賛しながら、おいしい晩御飯となった。

ご機嫌な母に、ご機嫌な息子。

ご機嫌すぎて、海賊になっちゃいました。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

萩尾かつら

2013年の夏、お豆のような小さくてかわいい男の子の母となりました。 ✰***わたしの夢*****✰ トランペットを一生楽しむ! 毎年佐賀バルーンフェスタのボランティアをする! 自分の家で季節の習い事教室を開く! フルムーンチケットで夫婦旅をする!