お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

娘のサイン

一歳4ヶ月、初めて風邪を引きました。

丈夫さは母譲りの娘。ポジティブ思考は父譲り。

 

初めて行く小児科へ、抱っこひもでエーンヤコーラ。

私も花粉症&娘も咳で夜起きるため、体調が悪く今日は頭痛が…

限界だぁ…

 

そして極めつけに

道に迷う(笑)

もう今日は自分のすべての機能が臨時休業だ…

 

小児科へ着くと、おじいちゃん先生が

『はじめましてだねぇ』

と、やさしく迎えてくださる。

 

『日中は比較的良いけど、夜がしんどいでしょう』

言ってもいないのに、すぐに分かってもらえた…

『咳する人もしんどいけど、周りで見る人もしんどいよね。』

居そうで居ない、こういうお医者さん。

いつもは、聴診器がとっても苦手なのに、

今日は全然大丈夫。

あたたかい病院でした。

 

そもそも体調の悪さに気付いたきっかけは、

娘がずっと抱っこをせがむこと。

『あ、おかしゃん居たの?』という感じで遊んだり、

写真のように私をいないいないばぁで驚かせてくれる様な近頃の娘が、

『一体どこへ行くんだ~!』

と、私の足に掴まって、顔を埋めて離さない。

(最近のお気に入り)

 

なんだか具合が悪くて、不安な気持ちを

真っ直ぐお母さんに届けれくれたんだね。

ちゃんとサインをくれてありがとう。

お母さん、覚えておくね。

4件のコメント

「はじめての日」ですね。
子どもがグズグズ具合が悪いと、とっても心配になりますよね。
普段、元気ならなおさら。
はやく良くなってね。
ところで、優しいおじいちゃん先生にかかったのね。
先生から優しい言葉かけてもらうと、ホッとするよね。

咳を聞くたびに心が痛みます…
母の膝に座る時間が多くなったのは嬉しいですが…
ありがとうございます。
近々引退されるみたいですが、とってもやさしい先生でホッとしました。

病気になるとお医者さんが頼り。
そこに穏やかなおじいちゃん先生登場。
ホッとする空気が伝わってきてそれだけで治ってしまいそうな気がしてきました。
もう笑顔になっている写真・・・

まさにそんな場面でした。
この先生に診ていただきたいと思う先生でした。
お咳が止むと、もう平気~!と言わんばかりに、
夜中のお世話でヘトヘトな母を遊びに誘っています。

コメントを残す