「おかあさん、くまさん なおす ひとみたい」

ずっとのばしのばしになっていた、子どものぬいぐるみの補修、ちょっと時間ができたので夕食後にしていたら。

次女(4歳4か月)が、「おかあさん、くまさん なおすひと みたい」と言う。

「テレビで、くまさん、なおすおばあさん みた」と言う。

 

ぬいぐるみを直すと言えば、あれじゃないのかな?と思い当たる節が。

「もしかして、ぬいぐるみがこわれたから、女の子ときつねが電車乗って、おばあさんに会いに行って、しっぽとか直してもらうやつじゃない?」と聞くと、

「そう、それ!」と言う。

テレビじゃなくて、見たのは絵本、くまじゃなくて、きつねの話でした。

家にある訳じゃなくて、図書館で借りて来て読んでたから、そんなに回数を読んだ訳じゃない。

けど、次女の中で、しっかりと頭の中に残っていたようでした。

「こんとあき」を思い出したみたいです。

 

長女(7歳)の時もだけど、子どもってあまり喋れない時期だからと言って、何も覚えていない訳じゃないんだなと思いました。

喋れない時期の事を、1,2年、時にはそれ以上経ってから、思い出したように話す事がある。

次女の同じ幼稚園のお母さんも、「子どもって、その時感じた事をその時に言うんじゃなくて、だいぶ経ってから言う事がある。だから、バタバタしてると子どもの意識が上書きされて出で来ない。そうなったらもったいない。」と言っていたのを思い出した。

こういう話をしてくれるのは、宝物だなと思いつつ、メモメモ。

ABOUTこの記事をかいた人

戸﨑朋子

7歳(小1)と3歳の女の子がいます。 子どもが生まれて、今までに感じた事のない気持ちやを感じて幸せだったり、ダメな自分を突き付けられる思いがしたり。 何があろうと思うのは、子どもが生まれて良かった。 色んな思いを綴れたらと思っています。