納豆は野菜じゃない

娘達が幼少期の頃は、仕事でバタバタしていた私のご飯つくりの味方は、納豆だった。

どんなに手抜き料理でも、納豆を食べてくれたら栄養価はそこそことれているような気がして。

今日、仕事が立て込んでいて、夕飯を作る時間が無く唐揚げを買ってきた。サラダと味噌汁は作る予定だった。でも 昨日の疲れが残っていて、作る気力が無かった。仕事を優先した私は、唐揚げと納豆を食卓に出した。

野菜が食べたいと。娘に言われ

ごめん。本当に申し訳ないと思った。でも、納豆を否定される事は考えもしなかった。

「お母さん、納豆は野菜じゃないよ。タンパク質。畑の肉だよ。」

レタスかキャベツ、ブロッコリー、トマトは冷蔵庫に常備しておこうと思った瞬間だった。

洗ったり、短時間茹でたら食べれる食材は、今の私には必要不可欠のようだ。

その前に、料理を手伝いたがったあの幼少期に、あまり手伝わさなかったことを、後悔している。ご飯を炊いて待っていてくれた娘は、味噌汁を楽しそうに作ってくれたあの頃の娘は、何処に行ってしまったんだろう(^^;;

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

川田理佐子

大学生 高校生 中学生の3姉妹のお母さんです。花や観葉植物が好きで、ポカポカ太陽の下で土いじりをする時間に幸せ感じてます。末っ子の反抗期と、進学するにつれ加速する必要経費に時折悩みながら、「真面目に生きてたら何とかなるさ」と、毎日 楽しむことを優先しながら、笑う門には福来るをモットーに子育てに奮闘してます(*^^*)