お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

ないしょのピザ

うちの近所にピザ屋さんがあって、横を通る度に、たまには食べたいな~と思ってた。
でもなかなか食べる機会がなくて。

今日は、姑さんが花見で不在。
夫は仕事で帰りが遅い。

内緒でピザを頼んでみた。
夫のご飯は後で作ろう。

料理がしたくないとかじゃなかったんだけど。
ただ、なんだかたまにはいつもと違うことがしたくて。
子ども達と私だけのピザ。

ま、子どもがバラしそうですけどねー。

お母さん大学久留米 安達真依

~お母さん業界新聞ちっご版は、こちらで配布しております~

新聞配布先一覧(ちっご版)

3件のコメント

特別って嬉しいよね~♪
我が家も近くにあるから、うちは夫が好きでたま~に頼みます♪
パパのご飯をちゃんとその後つくってあげるあだっちゃんがスゴイなぁ。

大きなピザが食べたい、食べられる時期って若いからですよ。
私も子どもたちが思春期の頃に、このピザ屋さんが登場して夫が食べないので留守の時に注文した思い出。
食べたいときに食べておくのは大事だなとと食べられなくなった私は思いました。(笑)

コメントを残す

ABOUT US
安達真依
お母さん大学久留米の事務局長☆あだっちゃんです。 旦那さんの実家に完全同居。 嫁姑問題に立ち向かいながら、同居のいいとこ探します。 元気もりもりな7歳9歳11歳の息子3人と体力勝負の毎日です。 #同居嫁、#年の差婚、#男児3人、#不登校、#PTA役員、#保育園、