お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

キッズトライアスロン

今朝はキッズトライアスロンに参加。

泳いで、自転車こいで、走る!!
息子はじめてのトライアスロン。
プールでスタートの合図がなった。
みんなバシャバシャと泳ぎだす中で、ポツンと立ったままの息子。
スタートのところにいたスタッフのおばちゃんが息子に気づいてくれて、
「一緒に歩いてみんなを追いかけよう!」と手を伸ばしてくれた。
それを見ていた母は、
これまでの経験データをもとに…これから先どうなるかを予想。
息子がそのおばちゃんの優しさをすんなりとは受け入れない姿がパチパチっとはじき出された。
残念だけど、せっかくよくしてもらっても、なんだか一歩後ろに引いちゃうことが多い息子なのだ。
母としては、とってももどかしい思いをかなりしてきた。
母、心に(勝手に)覚悟を決めたその時、
前の光景は…
おばちゃんの伸ばしてくれた手を握ってすすみはじめている息子の姿だった。
とってもうれしい姿だった。
最後に、スタッフのおばちゃんに何度もありがとうと言って嬉しそうに話をしていた母をみて、息子もきっと何か感じてくれているんじゃないかな。
このメダルを見るたびに、この二人のことを思い出すだろう。
ステキなおばちゃんと、差し伸べてもらった手を握り返した息子のこと。
ははは、照れてる照れてる。笑

4件のコメント

母の予測を裏切ってくれて嬉しかった様子が写真と記事とでしっかり伝わりました。
ひとつずつ優君も自分で殻を打ち破っていくのがグアムでの成長記録。
貴重な体験をたくさんしているな~

人に優しくされるたびに一歩引いてしまう息子がとてももどかしい時期が長くて、、、最近は、そんな息子も私なりに心の底から受け入れられるようになったと思ったら…
こんな変化が!
やっぱり、殻を破るのは自分!ということなのですね。

このおばちゃんとの出会い、とても嬉しかったです!
またどこかで会えるといいなと思いつつ…
私もこんなおばちゃんになれたらいいなと思います。

コメントを残す