小さな哲学者

大人だからというだけで

みんなが正しく偉いわけじゃない

 

子どもじゃなければわからないこと

優れていることや素敵なことがきっとある

 

だからふと長男に聞いてみた

「大人より子どもの方が、凄いことって何だと思う?」

 

どんな答えが返ってくるかな…

ワクワクしながら待っていると

 

うーんとしばらく考えて

忘れそうになった頃に呟いたのは

 

「お喋りしないヒトやモノの気持ちがわかること」

 

 

想像を越える深い言葉に驚いた

 

そうだね、本当は

言葉にできない思いや気持ちの方が

ずっとずっと多いのかもしれない

 

赤ちゃんの頃は

表情、しぐさ、泣き方、ぬくもり…

気持ちを読み取ろうとよく見てたのに

 

お喋りができるようになってからは

“言葉”に頼って声なき会話を楽しむことが

無くなってしまっていたね

 

キミだってまだ5歳…

伝えられることが全てじゃない

 

言葉にならない気持ちや心を

感じて寄り添える母になりたい

 

そして…そんな人間になりたい

 

いつもいつも

大切なことを教えてくれてありがとう

 

キミは小さな哲学者だね(*^^*)

 

 

2 件のコメント

  • この記事は誰?
    お久しぶりの登場ですね。
    大きな質問をなげたお母さんが凄い!
    そしてそれをしっかり考えて時間をかけて答えた5歳の息子君の更なる凄い事!!
    これからも色んな対話が深まっていくであろう母子を想像しています。

    • お久しぶりです(*^^*)
      コメントありがとうございます!

      何気なく聞いてみた質問に、思いがけず深い言葉がかえってきて色々考えさせられました

      最初は最近お喋りを始めたけれど、まだまだ不明確な言葉の多い弟のことを言っているのかと思ったのですが…「お喋りできない」じゃなくて「お喋りしない」と言ったので、もしかしたら少し口下手でマイペースな自分のことも含んだ発言なのかもしれないと最近の息子への接し方を反省した出来事でした

      大人になって言葉に頼りすぎていたな…表現できないもの、見えないものを大切に思う気持ちを忘れていたな…と気づきました
      親になって子どもに教えられることは本当にたくさんありますね(*^^*)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    大蔭幸

    徳島市在住の絵本セラピスト。5歳と8歳の兄弟ママ。 子そだてに役立てたいと学び始めた“絵本”の力に魅了され、絵本セラピストの資格を取得。特技は大人向けに絵本を使った癒しと気づきのワークショップ“絵本セラピー®”を行うこと♪ 昨年末に復職し仕事&家事育児にバタバタな毎日ですが、全国のお母さん方と交流できるこの大学は私の癒しのひとつです!みなさん、仲良くしてください(^_^)