1才最後の1ヶ月シリーズ③おしゃるとの出会い

みなさんにすっかりお馴染みになった「おしゃる」

初めての方に説明すると、これは娘の「親友」です。

ソックモンキーと呼ばれる、靴下で作るおさるさんを普通にぬいぐるみ仕様にしたもので、

元は私が独身時代にカワイイと思って買ったもの。

 

娘が生後半年ころ、ベビーベッドに置いてみた。

ようやく見えてきたおめめで、「いつもいるなぁ」と思っていたかな?

おしゃるの前は、チャーリーブラウンだったなぁ。よく話しかけていたっけ。

「野球うまくなった?」とでも聞いているみたい。

 

おしゃるは、基本「いつも一緒」。

公園にも、旅行にも、寝るときも、ご飯食べるときも。

↑旅行を一緒に楽しむの図

 

うっかり無くしてしまったときに、もう2体買ってしまい、

でもその後親切な方に拾われていたので合計3体に。

(冒頭に出てきた子が1体目。元祖、長男です。)

 

するとお出かけに全員連れていこうとするので、

全員無くすことになるとかホント勘弁っす。と思い、

「待っててね~しようね」と言うと

「あってね~」と手を振って、置いていけるように。

帰ってくると「いだ!いだ!(いた!)」と言ってギューしてあげる。

彼女はもうすでに、おしゃるのお母さんになっている。

 

ドライブでは、おしゃるにお外を見せてあげる。

絵本を読むときは、おしゃるを絵本に平行になるほど下に向けて読ませてあげる。

おやつをおすそ分けして

「おし?(美味しい?)」

「おしーかぁ(*^_^*)(美味しいかぁ)」

と、何とも優しい声かけ。見習いたい。

 

娘のおしゃるとのやり取りは、今では私の心の癒しに。

だから、おしゃるを無くしたときは私が泣きそうだった。

 

娘の情操教育に多大なる貢献をしてくれているおしゃる…‼

これからも、娘の親友で、そして私の相棒でいてほしい。

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)