この手を離すのはいつになるのか

小学2年の長男とは、外を歩く時は今でも手を繋いで歩いています。

運転ができない私は、どこに行くにも徒歩が必須。
駅に行くにも、バス停に行くにも、必ず徒歩。
なので、長男が2歳くらいになって抱っこ紐を使わなくなってからは、
徒歩で移動する時は手を繋ぐようになりました。

「お外では手を繋ぐよ」

と、毎回毎回言い続けて、必ず手を繋いで歩くようにしていたので、
いまだに手を繋ぐ、というわけです。
完全に習慣になっているので、
長男の方から手を繋いできます。

まだ2年生なので、
恥ずかしがるとかいうこともなく、普通に繋いでいますが、
きっとあと1、2年もしたら、
「恥ずかしいから繋がない」
と言うようになるのでしょう。

2歳半の頃から乗っていた、自転車のチャイルドシートに、6歳になって乗れなくなった時は、
(法律で決まっているので)
自転車に乗せていろんなところへ行ったことを思い出しては切なくなりましたが、

いずれ手を繋いでくれなくなった時も、同じように寂しくて切なくて、泣けてくるんだろうなあ・・・

同居している夫の母は、いつも、
「男の子はね、離れていっちゃうよ。
もちろん、そうでなきゃいけない、って頭ではわかってるけどね、
やっぱり泣けちゃうよ」
と言います。

切ないなあ。
お母さんって、切ないなあ。

切ないけど、
だからこそ、今のこの手の感触を、感覚に刻みつけておこうと思うのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

天野智子

小学3年生と2歳の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。