姉になる準備

あと少しで2人目の出産です。

自分が一人っ子で、祖父母や母大人3人にかわいがられてきたから、正直娘が下に生まれることについてどう思うかとても心配でした。

赤ちゃんがえりもこわくて、安定期に入るまで言えず。

つわりがおさまってやっと、恐る恐る伝えてみたら涙目で喜んでくれました(確かに前から3人家族はつまらないと言っていました)。

夏前には、赤ちゃんがわかるようにと家の中のドアにここは「◯◯するところ」という説明書きを貼り、名前案をいろいろ考えてました。

最近、娘が着ていた新生児用の服を出し洗濯。
こんな小さかったのかと懐かしい気持ちでいっぱい。
娘にはこれを着ていたんだよと伝えながら干すのを手伝ってもらいました。

あと少しで手伝いのために来てくれるばあちゃん(私の母)のために、驚かせるパーティ内容を考えてもいます。

一方で、10月入ってからすでに3度「熱を出しては翌日下がる」というのを1週間か10日おきに繰り返してます。

季節の変わり目もあるだろうし、近づいてきた出産へのソワソワもあるのかな。

もうすぐ、ドキドキのお姉ちゃん。

14 件のコメント

  • 曽我さんいよいよですね!
    赤ちゃんの対面も、お姉ちゃんになる娘さんをみるのも楽しみですね!
    私は、2人目を出産するとき、絶対に上の子を優先にして上手に関わる、赤ちゃん返りはさせないと気を張っていたように思います。
    でも、結果赤ちゃん返りをして、自分が上手に関わらなかったからだと、すごく自分を責めました。
    そんな時に、「どんなに上手く関わっても、上の子の年齢がいくつでも絶対赤ちゃん返りはする!だってそれだけママの事が好きなんだよ」と助産師さんに言われ救われました。
    だから、自然に身を任せて。
    そのうち当たり前の家族になっていきます。
    安産を祈ってます!

    • 比呂子さん、コメントありがとうございます!
      〉「どんなに上手く関わっても、上の子の年齢がいくつでも絶対赤ちゃん返りはする!だってそれだけママの事が好きなんだよ」と助産師さんに言われ救われました。
      だから、自然に身を任せて。
      そのうち当たり前の家族になっていきます。

      すごくすごく、ありがたいです。
      赤ちゃんがえりはあって当然って思っていたほうが気が楽になれそうです。

      1年後にはあっさり、家族になれてるといいな♪

  • 次男が産まれる直前のことを思い出しました。
    うちは長男が年長さんの時に次男が産まれたので、一人っ子生活が長くて、
    ゆえに、どうなるんだろうとドキドキしていましたが、
    長男は「早く弟に会いたい」「色々教えてあげたい」とすでに兄の自覚を自ら芽生えさせていました。
    娘さんの貼り紙、本当にいとおしいですね☆
    わたしもドキドキしてきました☆

  • そろそろかなぁと思っていました。
    ドキドキしますよね。
    乾杯の時に、次男のミルクにそっと手を添えてあげてくれた娘ちゃん!生まれてくる赤ちゃんにあの時の優しさを伝えていくんだろうなぁと思うと、きゅんとします。

  • いよいよなんですね!!

    うちの2人目が生まれる時、3歳だった長男があまりにも神経質なママっ子だったので、こんなんでお兄ちゃんになれるのかなー?と不安でしたが、幼稚園の先生から『みんな勝手にたくましいお兄ちゃんお姉ちゃんになってくもんだよ。大丈夫!』と言われて何だか落ち着いたことを思い出しました。

    娘ちゃん、もうしっかりお姉さんしてますね。
    どんな姉妹?姉弟?になっていくのか、楽しみです♪

    安産をお祈りしております!!

  • いよいよですね。
    赤ちゃんの誕生、楽しみですね^_^
    うちの子は、赤ちゃんが産まれてからしばらく赤ちゃん返りがすごくて、辛い思いをさせてしまって本当に申し訳ないという思いと、自分が体力的に限界でしんどいという思いとで、出産後2ヶ月くらいは毎日辛かったです。ですが、助産師さんや支援センターの先生に、みんな通る道だから、ママとしっかりと信頼関係を築いている証拠だよ!!と励ましてもらって何とか乗り切りました。
    最近ようやく赤ちゃんとの生活に慣れてきたのか、赤ちゃんのお風呂や抱っこを手伝おうとする様子が見えてきて、お兄ちゃんの成長を感じました。
    脇門さんの仰っている通り、自然に任せていれば以外と何とかなるのだという事を二人目の出産で学びました。
    だから、きっと大丈夫です!
    安産になりますように(^^)

    • 綾子さん、ありがとうございます!
      産後2か月大変だったんですね…。
      私も、できるだけいろんな人に話聞いてもらって助けてもらってなんとか乗り切りたいです。
      自然とお兄ちゃんになる!
      気長に期待して待ってみようと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    曽我幸恵

    お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年中の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/