SDGsに背中を押されて

長男が1歳になる頃、
チャイルドシート2個になると窮屈だからと、
ワンボックスカーに買い替えた。

それからどこに行くにも車。
近所の買い物はもちろん、
子どもたちの保育園への送り迎えもあったので、通勤も車。
お互いの実家である、宮城と和歌山をはしごして帰省したこともある。

息子達がサッカーをやり始めてからは、
試合のたびに車、
荷物を乗せたり、子どもたちをギュウギュウ乗せて運んだり。
泥んこ、お菓子の食べかす、ご飯粒!!(笑)
なんでもあり。

12年間お世話になりました。(無事故、一違反・・・)

本当はもう少し乗りたかった。
亡き夫が気に入って買ったものだった。
ボロボロではあったけど、大切な思い出がたくさん詰まっていた。

でも、形あるものはいつかなくなるから。
気持ちに負けて、事故が起きてからでは本末転倒。
そろそろ買い替えないといけないのは分かってる・・・

踏ん切りのつかない私に、
気分転換に、電気自動車に乗ってみれば?と、リーフの試乗を勧めてくれたのは、
ずっとお世話になっている神奈川日産自動車中央店の平野さん。
思い切って、お店の周りを一回りすることにした。

初めて乗った電気自動車は、とても車とは思えなかった。
エンジンの音はない。
浮いているように進む感覚。
車の知識はゼロに等しいほど興味のない私でも、アクセルを踏み込んだ時の加速の良さに感動。
「これは、家電だね。」
「植地さんが乗るなら絶対ホワイトパールだよ~。」
そう話しながら、楽しいドライブは私の気持ちを落ち着かせてくれた。

これは、私にできるSDGsのはじめの一歩だ。

そう思うことにした。
きっと人一倍車を使うことの多い私だから、
電気自動車にした方が環境のためにいいに決まっている。
新聞を運んで、横浜中を走るのだから、
排気ガスを出さない、エコな編集長じゃなきゃ!

さ、次にできることは何だろう。
エコバッグ携帯や食品ロス問題、世界の子どもたちのためにコンビニのお釣りは募金、
まずは小さなことからやっていかないと。
きっとそこから大きな意識の渦ができていくよ。

大切なのは、考えて選ぶこと。

2020年1月号のコンテンツは、「SDGsってなぁに?」⇒こちらから

お母さんの笑顔が世界を変える

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。