人間ドラマだった・・・

昨日の話。
試写会に行ってきました。
個人的な感想です。
とても人間味溢れる方達のまさに人生ストーリーでした。
子供はもちろん、食べ物や、土地(地球)に対して
愛情を表現していました。
菌に対しては、非常に面白い内容でした。
今回は試写会にだったので、お子様は参加できなかったのですが、
これは、親子で見る方がいいと感じた作品でした。
ご参考までに・・・

追伸
本部の方とランチしました。
感じた事を一言だけ言わせて下さい。
『この人達、頭の中新聞のことしかない』笑
もちろんいい意味です。
※注意・捉え方を間違えないように、m(__)m

2 件のコメント

  • かっちゃんも、道連れ!

    お母さんを笑顔にするのが、仕事でしょ。

    同じ。

    だから、かっちゃんも、新聞つくっているんだよね。

    映画、良かったね。

    子どもたちの笑顔が最高!

    子どもが、一番、大事なことをわかる。

    大人は、お母さん大学で勉強しないとね。

    • 学長
      間違いありません。
      お母さんを笑顔にする為に
      賛同しておりますので・・・

      新聞を作ることで、想い出も残せるし、
      書くことが、気付きも得られるし、
      モヤモヤもリセットできるし、
      やはりペン。持ち書くことが大事だと最近感じております。

      笑顔の子供達、楽しそうだった
      やはり子供はわかってますね!!
      素直に感じるので

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    大橋勝也

    大橋勝也と申します。 かっちゃんと呼んでください。 笑顔でいれば、元氣になれる。 元氣でいれば、笑顔になれる。 自分のできることで、 貢献していきます。 よろしくお願い致します。