父の命日〜なんで、ありがとうなの〜

父の命日、雪雲の夕焼けを見ながら、夫と、縁側で夕食をとった。

自然と会話は、父の最期のこと。

自宅でみんなに見送られて旅だった父。

ドラマでよく見る一場面のように「ありがとう」と言って見送った私。

その後、何時間も泣き続け、具合が悪くなった娘。

少し落ち着いた娘から出てきた言葉は、

「なんで、ありがとうなの?じーちゃんは、もっと生きていたかっただけなのに」。

それは、私の心に突き刺さったままの事実。

繰り返し、思い出し、私自身が納得のいく答えの出ないままの一年だった。

その話を夫にした。

すると、しばらく経ってから、

『「頑張れっ」て、言いたかったのかもな』

と、夫が静かに言った。

あぁ。。。

そうかもしれない。。。。

「頑張れっ」て。。。。。

 

 

 

 

6 件のコメント

  • お父さんの命日の日に、
    ご主人とふたりで、父を思うって、素敵だなと思いました。

    ありがとう、頑張れ…
    どんな言葉が、よかったか、わからないけど、
    どんな言葉でも、お父さんには伝わっていると思います。

    でも、娘さんのおかげで、
    高木さんが、1年もお父さんを思えた。
    それも、意味あることだと思います。

    私も高木さん家の縁側で、お茶を飲ませてもらったので、
    お二人と一緒に会話している気持ちになりました。

  • きっと、お父さんの娘さんである高木さんと、
    お孫さんである高木さんの娘さんとは、感じ方も伝えたいことも違うんじゃないのかなと思いました。
    違っていいんじゃないかなと思いました。

    ご主人とのやさしい会話。聞かせてくださってありがとうございます。

  • 私は、父の最期の時、もうこれで、介護から解放されるという安堵感を感じてしまったのは確かです。それは、父に対して、後ろめたい感情として持ってしまってました。
    あの時、そこを、娘は感じて、私を責めてるんじゃないかと思うところがあって、ずっと突き刺さってました。

    でも、ただただ、頑張ってと言いたかっただけだったのかもと、主人の言葉を聞いて思えてきたことでした。

    あの日以降、娘はそのことを私に喋らないし、私も娘とはそのことを話してないままです。

    娘は娘なりに消化したのか、蓋をしたままなのか、真相は、謎のままです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    高木真由美

    社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。