青空図工室

コロナ外出自粛、ふと気付くと全く太陽を浴びてない日もある私と長女。
私は元々インドア派なので、なんぼでも家にいれる。
でも、太陽を全く浴びてないのは不健康。
外で遊びたがる次女と違い、ずっと家にいれる長女も心配。
という事で、3密を避けて近所にお散歩に。

その時取ったナガミヒナゲシの茎を使って、青空図工室。
ナガミヒナゲシとは、あの道端でよく見かける花です。
(この写真はネットからお借りしました。)

ナガミヒナゲシのめしべの柱頭(要は花びらが取れてしまった後の茎の頂上)を使って、絵の具でスタンプ。

ナガミヒナゲシの柱頭部分、ここをつぶすと種が一杯出て来るので注意。
ナガミヒナゲシはきれいですが、外来種なので、日本在来の植物が駆逐されてしまうので、種を広げないようにします。

GW、天気は晴天。
すごく気持ち良いけど、どこも行けない。
でも、青空の下での絵の具は解放感!

こんなのできましたー。
上から、長女、次女、私作です。

ABOUTこの記事をかいた人

戸﨑朋子

7歳(小1)と3歳の女の子がいます。 子どもが生まれて、今までに感じた事のない気持ちやを感じて幸せだったり、ダメな自分を突き付けられる思いがしたり。 何があろうと思うのは、子どもが生まれて良かった。 色んな思いを綴れたらと思っています。