娘が綴る、おばあちゃん業界新聞

毎月のように行き来している、実家の母。
昨年の台風で床上浸水した実家のリフォームのため、
2月の下旬から2週間近くわが家に滞在していた。
春休みか、ゴールデンウィークには新しくなった家に行くのを楽しみにしていたのに、
コロナで行き来ができなくなった。

母はほぼ一人。
どこにも行けず、ずっと家に。

先月から始めた、おばあちゃん業界新聞。
送られてくる写真と少しの文章。
母はそういうのが苦手。
母から手紙をもらったことなど、記憶にない。
何か日記のようなものをつけているのも見たことがない。

でも、
それなら私が作ればいい。

ここはお母さん業界新聞。
だけど、母は、私のお母さん。

時々母の新聞を綴ることが、楽しみだし、喜び。
なぜか子どもたちのことを書くよりも、丁寧に書かなければという気持ちが働いてしまう、
子どもたちよごめん、ママのお母さんのことには手を抜けないんだ。

【おばあちゃん業界新聞 満室冷蔵庫版】
5月28日 加美町 やくらいガーデン


3か月ぶりのおでかけ。


ビオラを見に行ったのに、菜の花がきれいでした。


偶然にも、飛行機雲が線を描いていました。


新聞は、家族に送ります。
今度帰省したら印刷して綴ります。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。