子供がひろげる私の世界

百万母力祭が近づいてきて、熱気ムンムンです。

私も企画に参加させて頂き、大きな波に飲み込まれつつも乗りこなそうとしております!

****************************************

幼稚園入学前、娘が「知らない人には挨拶しなくていいの?」と尋ねてきました。

ご近所さんには挨拶してたものの、残念ながら世の中では「挨拶する人=いい人」とは限らない事件なども起きており、

知らない人と仲良くなって連れ去られたらどうしよう!? いたずらされたらどうしよう!?

と娘の質問に対する答えが見つかりませんでした。

 

ずっと心の隅に引っかかったまま幼稚園生活がスタートすると、

毎日のバス停で出会う方々と挨拶を交わし、

「おはようございます・さようなら」だったのが「行ってらっしゃい・お帰り」に変わり、

世間話をするようになり、

きっとあの歴史好きのおじさんから、この町の歴史を教えてもらう日も近いでしょう。

 

これまでは習い事やイベントなどを与えて、”親が子供の世界を広げる”と思ってました。

でも今は、子供が私の世界を広げるんだなと感じています。(お母さん大学に入学できたのも子供のおかげですね!)

 

大切な命、野放しにはできないけれど、私の世界の中に閉じ込めておくこともできない。

まだ娘の質問への答えは定まらないです。でも少し前に進んだような気がします。

 

4 件のコメント

  • >知らない人には挨拶しなくていいの?

    わが子の、この質問に、迷わなければならない時代があることを
    私たちも考える必要がありますね。

    わが子を守るために 挨拶をする
    わが子も守るために 挨拶をしない

    もしかしたら、答えは、このふたつではないのかもしれません。

    きっと、わが子が、また教えてくれると思いますよ。

    • 藤本さん
      私が臆病なのか、主人は「したらいいんじゃない?そのうち分別がつくでしょ」とケロッとしています。
      でもやっぱり心配はありますね…

      「わが子を守るために 挨拶をする」
      このことはすごく実感しています!簡単なことだけど、挨拶ってすごいなぁと感じています。

      一人で出歩くようになる前に、子供を守る環境を作りたいです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    木綿萌

    はじめまして!大阪府在住、2人の子供のお母さんです。文章にするのは苦手ですが、頭の中ではぐるぐる考えたり感じたりしています。子供たちの貴重な一瞬を、あれ何だったっけ?とならないようペンを持ちましたφ(..)