体育で泣いてゾンビで笑う

子どもとの会話 ズコッとなること、ありますよね。

こないだ8才の次女と、お風呂で話をしていた時、

次女『わたし、嫌なことがある。。。体育が苦手。なくなればいいのにー。あー、やだー。人前で体動かすの怖い。なんか、かっこつけとるって思われるんじゃないか、私、これ、出来ますよ!って自慢しよるように見えるんじゃないか、怖いけん、嫌い。。あー、嫌だ嫌だ。』と、半泣きに。

出たよ。出た、出た。次女は、どうも不平不満が多いのよね。まぁ、気持ちも分からんでもないけど、そんな、見とらんよ。みんな、自分のことでいっぱいいっぱいだって。それに、たとえ人からどう思われようと、いいやん、あなたが、楽しんでればいいやん。と思うのだが、それを言ったところで、解決しないので、優しくこう伝えてみた。

私『うんうん。わかるよー。苦手なこと、嫌なこと、それは大人になってもずーっとあるもんやけん、どんなね、状況になっても、まずは自分にとっての楽しみ方を見つけてみたらどうかな?たとえば。。。そうやねー。。。』

次女『ねー』

私『ん?』

 

次女『ゾンビって、目ん玉、飛び出てる?』

 

ズコッ!!

何でやねん?さっき、泣きそうになってたやん?え?私の話、聞いてた?てか、どの辺から、ゾンビのことで、頭いっぱいになってたん?

まぁ、深刻には悩んでないってことだから、良いかな?

それで、そこからは、ゾンビの目ん玉の話、とかげのゾンビもいるのか、やっぱ(やっぱって何?)カエルのゾンビが一番ヤバい。という話を、楽しそうにしていました。

( ̄▽ ̄;)この子、大丈夫だ。きっと人生、楽しくやっていってくれるやろ。

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

12、9、6歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。