子どもが最高のインスピレーション

今年の冬休みが長すぎて
娘とはまったミニチュア折り紙が高じて
スイミーの物語を描くまでになってしまった

たまたま
昔読んだ絵本のスイミーが
次女の国語の教科書に
載っていたのが始まりだった

ちまちまと魚を折りながら
そういえば小学生のころ
よく鶴を折ったことを思い出した

いつも千羽鶴を作ろうとしては
数百羽というところで飽きてしまい
友達にあげたものだ

子どもは
大人になるうちにすっかり忘れてしまったものを
運んできては
毎回驚かせてくれる

川柳を作り始めたのも
長女が国語の時間に習った短歌を
一生懸命妹と暗記している姿を見てのことだった

スイミーの赤い魚をひたすら折っていると
何やら面白そうなことを始めたママを
目ざとく見つけて

「なにやってるの?」
「どうするの?それ」

と質問攻めにする

「内緒」

と答えて
夜のうちに作ったものを
テーブルの上に置いて乾かして
朝娘たちが見た時の

「うわー!」

と言う声を聞くのもまた楽しい

子どもがいなければ
手にしなかった折り紙
思い出しもしなかった「スイミー」
作らなかった川柳

子どもはいつでも
最高のインスピレーション

ABOUTこの記事をかいた人

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。