お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

15年かけて、夢の4分の1

「あなたの夢は何ですか?」
お母さん大学の合言葉状態のこの言葉。
私の夢はもう15年以上前から、お母さん大学に出会う前から同じ。

そして、私は自分の夢へのステップのうち、4分の1を、
この15年行ったり来たりしていました。
すごろくで言うなら、「妊娠、出産、復職」の3点セットで毎回、
「ふりだしに戻る」になり、15年間でこれを3セット、
それで、夢の途中の4分の1までを行ったり来たり。

この状態にウンザリし、4回目の「ふりだしに戻る」はナイ!と思い、
減量開始、その後筋トレ追加、ジョギング再開、
ついに、4分の1のところに再度到達しました。

私には大きい夢と小さい夢があって、
大きい夢はトライアスロン、小さい夢はフルマラソン。
さらにその半分のハーフマラソンを、昨日、走ってきました。

この1年2ヵ月、私は自分の夢がほぼ最優先状態。
それで何かと家族にしわ寄せがいったと思います。
でも、ハーフマラソンを自己ベストでゴールしたら、
自転車のかごに子どもたちからのプレゼント。
土手で詰んだ菜の花の花束が入っていました。
応援ありがとう!
私はもうあと4分の3、このまま夢を追い続けます。

3件のコメント

初めまして。埼玉の山﨑です。
夢への挑戦、かっこいいです!!
子育てやお仕事をしながら、体づくりをして、マラソンに
挑むお母さんの姿、きっとお子さんたちの自慢ですね!
土手で摘んだ菜の花のプレゼント、自転車のカゴに入っていたというのが
またほっこりします。夢への勇気をもらいました♪
ありがとうございます!わたしも応援しています^^

コメントを残す