長女は天使か?悪魔か?

仕事から帰って来ると、6歳三女が「ママー!ノート買って来てくれたー?」と目をキラキラさせながらやって来た。

(あ、ヤバい!そうやった(-_-;)ノート買って来る約束してたの忘れてた(汗))

「ごめんね。」と謝まると、泣きべそになった三女。と、そこへ、5年生の長女が目を三角にして

「こんちゃん!(←三女のこと)ダメよ!頼むことがあったら、パパに言いなさい!ママは、4月からお仕事長くなったんだから!!お店に寄る時間なんかないの!ママを困らせたらいけん!」と助けてくれた。

おお!長女よ、ありがとう。

私「そうなんよ。。ごめんねー。ママ、ちょっと人生、変わったんよ〜」と言ってみたら、長女は、さらに続けてこう言った。

長女「そうなんよ、いい?ママはね、」

この後の、長女の発言がヤバい!!!

いい?ママはね、

“仕事して、家に帰ってご飯食べて、寝るだけになったんだから!”

 

長女〜〜〜〜( ;∀;)いや、そういう人生になったわけじゃないから。。。ね?そんなふうに言ってしまったら悲しくなるけん、ね?頼むよ。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

11、8、5歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。