お母さんを忘れそうです。

だいぶ前に次女から、「ママって、ママになる前は、ただの泰子だったんだね」と言われたことがあります。

ただの泰子だった頃は、朝起きるのが苦手、料理も掃除も洗濯も何もできない女子でした。

お母さんになって、子どもたちのお世話をすることで、私は少々まともな大人になれたと思います。

朝早く起きて、洗濯をしたり、ご飯を作ったり、子どもたちのために、今、私に何ができるかを考えたり。。。いやはや、ただの泰子のままだったら、到底無理なことでありました。

そんなこんなで、12年たった今年の夏です。ある日、突然!本当に突然!!!

私は「ただの泰子」に戻りました。

お母さんの魔法が切れたみたいです。今度は何もできないというか、何もしなくていいただの泰子になりました。

というのも、

朝も昼も夜もご飯の用意は長女がしてくれるようになり、洗濯物もパパが回して、子どもたちがてんでに干してなおし始めました。家事の心配を全然しなくて良くなったのです。仕事から帰って来たら、ご飯があるとです(アイキャッチ参照)スゴイ!ママがいなくて寂しい!と情緒不安定になる子もいません。みーんか幸せそうで嬉しいよ!

最近の私は、独身の時と同じように、自分のことだけをして、起きて30分後には仕事に向かえる毎日なのです。

子どもたちが、それぞれ自立してきているということでしょうから、しばらく、お母さんをしない自分でも良いかな?と思っています。

でも、ちょっと不安。

このままずーっと、ただの泰子だったら、お母さんであることを忘れてしまいそう。。。

 

 

 

4 件のコメント

  • いつもインスタを見ています!とってもかわいくておいしそうなごはんだな〜って思っています!
    いいじゃないですか!
    ただの泰子、バンザーイ!
    お母さんであることを忘れても、お母さんと呼んでくれる人がいてくれたら、
    それは、お母さんだと思う。

  • ただの泰子!笑っちゃいました。最高ですね!
    オムライスも可愛い!
    長女ちゃんスゴイ!ご主人が料理できるのもいいですねー!
    12年でただの朋子に戻れるなら、頑張れそうー!って、我が家は下が弟だから戦力にならないか…
    どうしたらそんな子ども達に育つんでしょうー?

  • 最近、面白い人に出会った。
    今、生後半年くらいのお母さんなんだけれど、「お母さん」として私は生きてないって話してくれました。
    妻でもない、娘でもない。人間なのだと。
    いいなーそういう考え方も好きだなーと思いながら聞きましたが、
    妻も娘もお母さんも役割だけれど、お母さんってたんなる役割ではない気がする。
    単なる役割ではもったいない気がする。そんな気にさせてくれるのがお母さん大学なんだな~とか思いながら。
    いろんなお母さんがいるから面白いもんね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    中村泰子

    12、9、6歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。