お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

子どもを10時間見れないことについて

私の話ではなく、私の友人の話です。

よかったら、アドバイス、経験談などいただけると嬉しいです。

そして、私も数年後同じ壁にぶつかるのだろうなと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人とご主人はフルタイムで働いていて、二人とも忙しい職場なので交代で残業もしています。

子どもは、小学校3年生の男児の双子。

子ども達は学童が楽しくないそうで、この春休みからは学童には行かず、子ども達だけでお留守番をするそう。朝8時から夕方18:30くらいまで。

母である友人は、子ども達を置いて仕事に行かなければならず、約束として、宿題などのお勉強をしたらあとは好きに遊んでいいと言っているそうです。

「心配だし、夕飯も遅くなってかわいそう」と思っているけれど、どうするのがいいのか。と悩んでいるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私自身、夕飯は朝に作ってから仕事に行くため、それをオススメしておきましたが、子どもが春休みの間は、お昼ご飯も準備しないといけないし、それに加えて夕飯も。負担は大きい。そして、一番大事な子どもの過ごし方、母の気持ちのところは何も言えずじまいでした。

働き方を変えるにも限界はあるし、どうしたら少しでも子ども達も楽しく過ごせ、親の心配は少なくなるでしょうか。。

双子で、ひとりぼっちじゃないのはよかったなと思いつつも、先輩母達はどう過ごしてきたのかなと思いました。

目を離すべきときがきたのか?でも10時間って。同じ母として悩みだけはよく分かるので、何か伝えられたら。

皆さん、よろしくお願いします。

 

※キャッチ画像は、全く関係ない私の息子。フカフカパジャマの母に抱っこしてもらうのが大好きなこの冬。

 

17件のコメント

それぞれのやり方ありそうで、難し過ぎてコメントできないー(-_-;)

1つアドバイスできるとしたら、

「菓子パンを置かないで、おむすび用意しとくこと」かな

2年前私がフルタイムになった時。子どもたちがお腹空かせては可哀想だと、(私の知らない間に)パパが毎日菓子パンを机の上に置いていたそうな。

長女が取り返しのつかないくらいデブって、今中1。めっちゃ悩んでる。けど、私は、多分、もう痩せれないと思ってる。(ってくらいデブってる。)

男のお子さんだから、カロリー消費はするだろうけど。。。うちは、知らなかったとは言え、後悔してます。

うちの子たちは、低学年のうちは親がいないのが寂しい感じでしたが、今は(小2、小4、中1)ラッキー気が楽〜パラダイス〜♫なんだと思う。

山中さんも言われてるけど、ほんと、小3、小4って自分でも一人で生きていける!ってなるみたいで、一気に親を追い越していった気がします。だから、私がフルタイムになるときは、子どもたちが寂しがることが心配って、本気で言ってたけど、今思い返したら、本当はそれより、「先生もルールもない、親もいない、イェ~イ!」って糸の切れた凧状態になるのが不安だったんだと思います。そして、2年経った現在ですが、宿題後まわしでお菓子やアイス食べ放題だし、好き勝手にタブレット観てるみたいだし、お友達と遊びに行くし、秘密基地作ってるようだし、わが子の知らないことが増えてます。でも、夜ご飯の時や、夜寝る前に、みんな元気に輪になってケタケタ笑えたら、それでよし!って、なりました。主人からは、「最低限のラインで子どもたちを諦めんで」と言われちゃいましたが(^o^;) ダメ人間になるのも、ならないのも、もうその子次第!ってことで、余程のことがない限り放ってます。仕事も忙しくて、そんな子どものことだけに構っとられません。

返信遅くなってごめんなさい!
糸の切れた凧状態、心配ですー。でも、心配なのは親ばかり…なのかな。
みんな元気にケタケタ笑えたら、、安心ですね!
友人も皆さんのコメントを見てると思います。
ありがとうございました!

あ、途中になってしまった。。
だから、仕事で疲れて、家に帰って家族に八つ当たりするくらいなら、帰らんほうが良いなーと思って、どうせ、家に帰っても寝て起きたらすぐ会社に行かなきゃだからさ、残業の時は、近くのホテルか実家に泊まることにしてます

レンさん
ありがとうございます!
家庭や環境や子どもの性格、性別、様々で漠然とした悩みですみません。
菓子パンを毎日…確かに太りそうですね涙。おにぎりを常備して、お腹空いたらおにぎり!はとても良いですね。
気が楽パラダイス!それもありますね。そう言えば、わたしも子どもの頃は母が働き出してから、「うるさく言われない!最高!」と思ったことを思い出しました笑。
間もなく小4だし、実は子どもは、親なし楽勝パラダイス状態かもしれませんね!
平日もホテルや実家に泊まることがあるんですね、大変ですね。でも、一人で実家に泊まれるのは羨ましいですー!

中村さんが仰る通り、それぞれのご家庭にそれぞれのやり方があり、さらには同じ家族でも子ども一人一人違ったりしますし、何とも…ですが、、、

私からも一つお伝えできることとして、子どもの成長過程で、家とのつながりから、友だちなど外とのつながりを重視するようにシフトしていくのは、小3あたりなのだそうです。(この話は、離婚するタイミングを迷うなら、子どもが小3になるまで待ってみては、という文脈で出てきたのですが)

もちろん子どもによってプラスマイナス1年くらいの違いはありますが、実際に私も自分の子どもたちをみていて、そうだなと思いました。

だから、放課後家に親がいてもいなくても、結局はお友だちと遊びに行くようになるかも、です。

あと、ご参考までにですが、長い時間家にいるよりは、と、塾やくもんに行かせているケースも、よくあります。
塾に行くと宿題も出されるので、ヒマヒマにもなりません。
うちも小4の娘がいて、通年では通っていませんが、春期、夏季、冬季講習だけ、お友だちと同じ塾に一緒に行ったりしていました。

そしてこれは私の子ども時代の話ですが、私の母は仕事していませんでしたが、趣味の習い事が多く、私は鍵っ子でした。さみしいとか思ったことはなく、むしろ自由を満喫していました

山中さん
ありがとうございます。漠然とした情報ですみません。小3-4年は外の世界に向いてくる時期なのですね。
放課後親がいてもいなくても外に遊びに行く…そう言えば、私も家に親はいたけれど、そうだったかもしれないです。
山中さんも自由を満喫されてたんですね!それくらいの方が親も安心ですね!心配はずっとするのかもしれないですが、手を離す時期なんですね。
友人に伝えてみます。ありがとうございました!

菅野さん、中村さんからの追加のコメントを拝見していて、
家に親がいるかどうかより、さみしいと思ったら親にそれを言えるよう、親が目を向けておくというか心を配っておくのが良いのかなと思いました。
一緒にいても言えない、なんてことも、親子だってありますからね。
菅野さんのご友人が、家族それぞれ心地好い、あるいは無理のない、春を迎えられますように…!

返信遅くなってごめんなさい!
そうですね、自分の気持ちを言ってくれたら安心ですね。そういう関係づくりは大切ですね。我が家はまだ小さいので、みんな言いたい放題ですが、大きくなっても言いたいことを言ってもらえたらいいなと思いました。
山中さん、ありがとうございます!

3年生、微妙な年齢。
その子によって全然捉え方が違うと思うし、周囲の環境もあり、町の雰囲気も。
私は、その子たちが、できるというならやらせたらいいと思うし、心配なら、無理矢理にでも学童に連れて行くべきと思う、あるいは仕事を変えるか。
どうしようと悩んでいる間にも時間は進んでいくし、迷っている暇はないのが現状ですね…
子どもを信じる。
でも絶対、最初は事例がないから、宅配便が来たらどうする、とか、虫が出たらどうしよう、とか子どもたちも対応するのに必死でしょうね。慣れてきたら約束も破ってオヤツ買いに出かけるだろうし、ずっとテレビやゲームだろうし、そのうち友だちが勝手に家に入ったりもするだろうし(笑)
いろんなことが起こるはず。それを乗り越えればいいだけの話かもですね。
ただ、犯罪や事故に巻き込まれないよう、そこだけは気にしたいところ。

仕事はいくらでもあるけど、親に代わりはいないから。菅野友人は、いっぱい考えて、それでお母さんはこう考えたよ、と子どもたちにも理解してもらえたらいいですね。
うまく流れるといいですね。

返信遅くなってごめんなさい!
子どもを信じて目を離してみる、それができる年齢になると親の方が勇気が必要そうですね。
友人も子ども達と話し合うと言っていました。
我が家も春から一年生、今から色々と不安ですが、皆さんこの壁を越えてきたんだなーと思うと、何とかなるよな…とも思ってます。
色んなことに悩みながら、考えながら、経験して、子も親も育っていくのですねー。
植地さん、いつもありがとうございます!

ごめんなさーい。記事を読んですぐにはコメントできませんでした。
なぜなら、私、悩んだことないのです。
今の仕事を続けないとこの先の生活が成り立たない状況だったので、仕方ないことと思っていました。
なので、子ども達だけの時間、どう過ごしていたのかあまり記憶にありません。

ただ、子どもが親のいない時間を有意義に過ごす方法をいつも考えていたよーな気がします。

今回のタイトルにありますが、子どもだけの時間が10時間???少し長いなぁと思っちゃいましたが…。家で過ごす子どもだけの時間を少なくできるといいのかなぁと思いました。職場で利用できる制度やお父さんの関わりだったり、習い事だったりで、少しでと二人だけの時間を少なくしてあげれればなぁと思いました。

返信遅くなってごめんなさい!
子どもが親がいない時間を有意義に過ごす方法、田端さんちのお子さん達の過ごし方が気になりますー!がもう十数年前!?覚えてないですよね…
子どもだけの時間を少なく、そうできたら本当にいいですね。私も2-3年後相談に乗ってくださいー(涙
田端さん、いつもありがとうございます。

悩みますよねー
それぞれのご家庭の事情もあることなので何とも言えないのですが、わたしは仕事を変えました。生活はキツキツになるけれど、一時的なことだろうなって割り切っったこと、とにかく細々とでもいいから仕事は続けていればいいと思ったことが大きな理由です。

それでも昼間は仕事だったので、お昼用にお弁当を作ったり、夜ご飯は毎朝作っていたので、ご飯を多めに炊いてお腹すいたら「おにぎり作ってね」って言っていました。

我が家は1人でのお留守番だったから、お友だちと約束して公園で遊んだり、家に呼んで遊んだり(←これ多かったです)していたことも多かったのですが、菅野さんご友人のお子さんは双子さんだから、1人じゃつまらんとかさみしいとかそういった感情にはあまりならないのかもしれないですね。それが逆にお母さんの不安につながるのかな…と思いました。

今日はあなたの希望通りにするけれど、明日は母の願いを聞いて学童に行ってくれる?みたいに、交渉していたこともあったなぁと思い出しました。

答えにもなっていないですが

迷う気持ちと悩む気持ち…わかるなぁ。。

私が小4の時に、妹が年長、弟が年少、長時間留守番を冬休みの間していた時があったよ。
父が怪我で寝たきりの入院になり、母が毎日往復2時間かけて病院へ行くために。
家電の側には緊急連絡先とどう伝えたらいいのかメモが。
玄関には外に行く時にはどうするのかチェック項目が書いてあったな!
お昼はここ。おやつはここ。炊飯器にご飯はいつも炊いてあって、足りない時はおにぎり作って食べてね。だったな!笑
火は使わない。レンジはオッケー。
午前中は家で過ごす。
午後は弟をご近所さんに預けて、外遊びオッケー。
電話は留守電。メッセージ聞いて知ってる人なら出ていい。
インターホンは出ない。
約束事が沢山あったけど、一緒に約束を考えたり、ミッションクリア!みたいなゲーム感覚。お昼に母から電話が来たり、ありがとう!すごいね!とか、そんな言葉で自信をつけたような気がする。あたらしい世界が楽しかったかも。

それを私が子どもたちにやらせられるか?と考えたら、躊躇しそうだけど…笑
でも突然にそういう時がやってくるんだろうな。。
今だからこそ出来ることもありそうだね!
わが家は今GPSとアレクサに頼ってる…!

4月からは育休で、ずっと家にいることになるけど、来年の今頃、わが家も同じことで悩みそう〜。。話し合ったり、一つずつ親子で経験できるといいな。って考えられたよ〜
答えになってなくて…ごめんなさーい!

コメントを残す

ABOUT US
菅野朋子
福岡育ち横浜在住、4歳2歳の姉弟の母です。 人生楽しんだもん勝ち!お母さんを楽しみたい!子どもたちには愛されていることを感じて育ってほしい。子どもたちの今を少しずつ記録していきたいと思っています。