毎日コツコツ豆腐づくり

 

お母さん業界新聞高知版9月号高知ピープルでご紹介するのは
四万十市で「まぁ坊豆腐店」を営む志治誠則さんと知子さんご夫妻です。

毎日コツコツ豆腐づくり

まぁ坊豆腐店 志治誠則さん
知子さん

 

オープンから2年半あまり。四万十市にある「まぁ坊豆腐店」は、国内でもまれな、石臼挽きの豆腐販売と、できたての豆腐やおからを使ったランチやスイーツを提供しているお店です。

ともに大阪出身の2人は、約20年前に誠則さんが、約10年前に知子さんが、四万十市に移住。幡多の豊かな自然の中で出会い結ばれました。

豆腐づくりを独学で学んだ誠則さん、午前4時に起床し、一晩水に浸けた大豆を石臼で挽き、生のまま手で絞ります。とても手のかかる作業ですが、「豆腐はシンプルで繊細な食品。材料やその日の気候も考えて微妙な調節が必要になってきますが、そこが豆腐づくりの、面白く難しいところ」だそう。

一方の知子さんは、ランチづくりや接客を担当、「ウチの豆腐やスイーツを食べていただいた方が、身体も心も満足し元気になること」の想いを胸に、毎日仕事をしています。

10歳になる長男には、「自分のやりたいことを何でもやって、その中で好きなことを見つけていってほしい」と語る2人。

「地元になくてはならないお店」として、地域でがんばっている同志とともに、四万十市をさらに魅力的な街にしていくことが、2人の夢だそうです。

美味しい石臼挽き豆腐、一度お試しあれ!

(取材・町田由岐子)

まぁ坊豆腐店
四万十市中村大橋通6-6-25
TEL0880-34-8202
営業10:00~18:00/ランチ11:30~14:00
日曜定休・不定月曜日(月2回)

(お母さん業界新聞高知版元編集長/

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし3年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。