9月29日は「招き猫の日」。右手挙げは金運を招く?

日本独特の縁起物「招き猫」。右手挙げは「金運招来」、左挙げは「千客万来」。色や置き方にも意味があり、白(開運招福)→北西、黒(厄除け)→北・南西、金(金運UP)→西、赤(病気除け)→東、ピンク(恋愛運UP)→東・南西、黄(良縁を招く)→西、緑(安全)→南、青(学業向上)→東がよいとされている

日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光協会は、「来る福」(くるふく)から、9月29日を「招き猫の日」と制定

20年以上も続く「来る福招き猫まつり」は、今年も三重県伊勢市(9/16~10/1)や、愛知県瀬戸市(9/23・24)で行われる。日本中の招き猫と猫ファンを集め、にぎわうだろう

岡山市の「招き猫美術館」では9/24まで、楽しく学び「招き猫博士認定証」と景品がもらえる企画展「あなたも招き猫博士」が開かれる

日本一の生産地は愛知県常滑市。焼き物散歩の道中、39体もの招き猫が人々を見守り、ご利益を授けてくれる。巨大猫「とこにゃん」を拝みつつ、「安産」「合格祈願」「ぼけ封じ」など、招き猫にあやかりたい人はGO!

(苺一絵1709)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。