気づけば…

日々成長する子どもたち。

お母さんにべったりくっついて遊んでもらうより、

姉妹2人でキャッキャ言いながら、

時にはケンカもしながら遊ぶ時間が増え、

それに伴い、私の自由時間も少しずつ確保できるようになってきた。

それはそれでうれしいのだけれど、

気づくと次女までもが「幼児」から「少女」へと

変貌を遂げようとしている!

「末っ子は家族で一番下なので、いつまで経っても子ども扱いされる」と、

末っ子の主人がぼやいていたことがあったが、

本当にそうだよね~としみじみ実感。

私のかわいい赤ちゃん、

じゃなくなっていく寂しさを感じつつ、

子どもたちの成長を喜ぶ複雑な母心。

(MJ/玉井直美/1709MJ記事)