私の楽しみ

夕食の準備をしながら、息子のピアノの練習を聴く

「そこ違う!」

「いい加減な練習するな!」

「もう一回!」

と何日怒鳴ってきたか。

夏休み前「中学の合唱祭の伴奏をやる」と言い、毎日練習していた息子。

やる気があるのかないのか。中途半端な練習ばかりで、怒鳴ってばかりの私。

思えば、幼稚園の頃からピアノを習い始め、レッスンにはずっと付き添ってきた。もちろん他の兄弟も一緒。

なぜピアノを習わせたのかというと、

「学校の合唱する時伴奏してほしい!」

という私の楽しみのため。

私はピアノは弾けません。

ピアノが弾けたらどんなに素敵だろう〜

と思っていました。

その想いを子どもたちに託しました。

子どもたちは、練習はやりたがらないけど、レッスンは楽しく通い続けています。

といういきさつはいいとして。

いよいよ合唱祭が2日後に迫った。

今日も学校から帰ってからピアノの練習。ようやく弾けるようになって怒鳴らず?に聴ける。

唐揚げを揚げながら〜〜

ここまでよく頑張りました。

ピアノを聴きながら、唐揚げができるなんて!

母は幸せです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

横須賀支局の田中清美です。横須賀在住、4人の子ども(19歳15歳13歳11歳)と夫の6人暮らし。毎日ドタバタ、にぎやかに(やかましく)過ごしています。 今年5月に横須賀版創刊準備号、7月より横須賀版を創刊。横須賀版編集長としての責任の重さを感じながら、日々精進しています。持ち前のデタラメお母さんっぷりは健在。お母さんを楽しみながら、横須賀のお母さんを笑顔にする活動を続けています!