オリンピックは始まったけれど◆乾杯6日前

昨日、オリンピックの開会式だった。
いつもならワクワクするのに
なんだか、心から喜べない。

応援もできないオリンピックって、なんだろう?
選手たちが気の毒だなぁ。

コロナ禍だからが理由ではない。
オリンピックをやる目的はなんだろう?

そんなことを考えながら、7月30日を待つ。
「お母さんが夢に乾杯する日」はなぜ必要なのか、と問う。

気づきましたか?トップの「乾杯○日前」という画像。
乾杯30日前から、タイトルの花が
毎日少しずつ増えているのを。

そして今日は、
砂浜の遠くに、乾杯の扉が見えています。
この扉に向かってくださいね。

皆さんと夢を語る日まで、あと6日…。

私も、なぜこの日が必要なのかを、自問自答しながら
当日を迎えたいと思います。

7月30日は「お母さんが夢に乾杯する日」

ABOUTこの記事をかいた人

藤本 裕子

株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール