虐待兆候共有システムが19年度に導入!

虐待リスクのある子どもの情報を関係機関が共有するため、
厚生労働省は2019年度から、市町村と児童相談所に専用端末を置き、
乳幼児健診や転居などの情報を随時入力、閲覧できるシステムを導入する方針を決めた。
地域ごとに市町村と児相が確実に情報を共有し、
危険な兆候を見逃さずに迅速な虐待対応につなげるのが狙いだ。(読売新聞8.26)

警察、保育所、医療機関など

↓ 情報提供

乳幼児健診、住民票の転出入、家庭訪問の状況、幼稚園の登録状況

情報の共有 = 児童相談所

 

確かに、行政の連携や情報の共有は、虐待を早期に発見し、子どもの命を助けることにはつながる。

が、これだけでは、足りません。

虐待を見つけるだけでなく、虐待をなくすことが大事。

そのためには、お母さんを孤立させない。

そのためにできることは…

大きなテーマだけど、私たち母親にとって、身近なテーマです。

お母さん大学生の皆さんも一緒に考えてみませんか?

秋は、お母さんがペンを持つ季節。

ぼちぼち、いきましょう。