光と影の中で、母を生きるために

お母さん大学恒例夏の乾杯イベントは、はじめてのオンライン開催。
全国のお母さんたちがリモートでつながれたのはうれしかった。

コロナ禍で一気にリモート化が進み、
お母さんたちがネット上で自己紹介をしたり、
子育ての悩みや喜びを共感し合ったり…。
ある意味それは、孤育て社会にとっては、”光“かもしれない。

働いている人もリモートワークになったことで、家族の時間が増えた。
国がどんなに育休支援や両立支援をうたっても、
それは一部の優良企業の制度に過ぎず、風土になり得なかった。

だがコロナは一瞬にして、多くの企業に働き方改革を促した。
世の中は、テクノロジーの進化で、めまぐるしい発展を遂げた。

一方で、毎年2万人が自殺する社会。
名前のない人間たちは笑いながら平気で人を傷つける。
見ず知らずの人間に殺される時代など、尋常ではない。
いつから私たちは、人を信頼してはいけないという常識をつくってしまったのか。

コロナは私たちにステイホームを強いて、
人と関わらない生き方を提案しているのだろうか。
いやむしろ、警鐘を鳴らし、新しい生き方を提案しているのだとしか思えない。

リモートで世界の人とつながれているのに、隣人とつながれていない現実…。
密室で幼子が餓死し、老人が独り息絶えても誰も気づかないまちが普通にある。
会いたい人にいつでも会えるのは素晴らしいこと。
だが会いたくても会えない寂しさが、心を耕し、詩を紡ぐ。

リモートは、距離や時間を縮め、地域や教育の格差をなくす素晴らしいツール。
であればなおさら、光があれば影もある。

コロナでワンオペ育児を余儀なくされた人、
苦手なリモート化によって孤立した人もいるだろう。
だがみんな、こんなにも
わが子と長い時間をともにし、しっかりと向き合ったことはないはずだ。

わが子と一緒に歩いた道で出会った、小さな花や虫たちの生きる姿に、
わが子と見た月のあまりの美しさに感動はなかったか。
コロナで苦しむ人やがんばる人を、心から応援したいと思わなかったか…。

時代はますます変革していくだろう。
必死でそれについていこうとすれば無理もある。
だがそんなときは一時立ち止まり、わが子をよく視よう。
そこにはきっと、目に見えない答えがあるにちがいない。

母を感じる秋はもう、すぐそこに。
お母さん、わが子を見つめて、ペンを持ちませんか?

(藤本裕子)

お母さん業界新聞2020年9月号 編集長コラム・百万母力

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。