北杜市からのやさしい風

2年ほど前、一通の手紙が届いた。

横浜の地下鉄で、お母さん業界新聞を手にし、読ませてもらいました。

素晴らしい新聞なので、ぜひ、地域のお母さんに読ませてあげたいのですが、

できれば、数部、送っていただくことは可能ですか?

封筒には1000円が入っていた。

達筆の雰囲気から、かなりのご年配の方だと。

地域のお母さんのことを考えている方がいる。

仲間を感じ、それからずっと、新聞を送っていた。

そして、昨日、その方からFAXが届いた。

体調を壊されている様子だったので、お電話をさせていただいた。

電話では、血圧も高く、心臓も苦しくて、歩くのも大変なのに、配れなくてごめんなさい。

でも、北斗市の図書館の方に、ちゃんと伝えているので、ご迷惑かけますが、

送ってもらえませんか?

図書館の方に、ちゃんと引継ぎまでしてくださっていた。

知らない町の、知らない方が、こうして、お母さん業界新聞を配ってくださっている。

感謝の気持ちと、だから、お母さんたちのために、私もがんばらねばと思った。

 

北杜市の田中さん。

長い間、新聞を配ってくださって、本当にありがとうございます。

早く、元気になってください!

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本 裕子

株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール