天国の母が用意してくれた特等席で孫と花火を!

今日は、横浜市鶴見区にある鶴見川花火大会。

7時からスタートするというので、あわてて家を出た。

鶴見川は、すでに見物客でいっぱい。

車を止めるところもないなと諦めていたら、

最高の空地を発見。

まるで、私たちのために用意されていたような…。

レジャーシートを敷いて、寝っ転がって、花火を見た。

目の前に愛する孫と、心ひとつに夜空の花火を見る。

花火を見ながら、33年前に53歳で亡くなった母を思い出した。

病気で治療中だった母。

亡くなる1年前の夏、母は私宛てに遺書を書いていた。

 

「八月七日、花火大会です。敦子(孫)に見せたいなぁと思っていた時に、

ちょうどデンワで敦子の声を聞き、うれしくて涙出ました。

私も五十二歳。身体が悪いので、何時死ぬかわからないので、一筆手紙を書いて居ます________ 」

 

こんな書き出しの手紙だった。

 

夏の花火を見る度に、あの日の母と心が重なる私がいる。

今日の花火は、愛する孫と一緒に、特別席で観覧

母が私にプレゼントしてくれたかのようなシーンだった。

お母さん、ありがとう!

 

私も、母のように、いつか花火を見ながら、娘たちに手紙を書こう。

まだ、少し早いかな。