お母さんだから泣けるんだ

今回学びをくれたのは、息子のお友達、同じ英語教室に通うKちゃん4歳。

英語教室は、ショッピングセンターの中にあります。

レッスンが終わった後、同じショッピングセンター内のお菓子屋さんでおやつを買うのが毎週のお約束になっていて、2人ともそれをとても楽しみにしています。

勝手知ったる場所なので、教室から出るやいなや、2人はさっさとお菓子屋さん方面へ走って行ってしまい、母2人は必死で追いかける……なんてこともしばしばあります。

今日も、Kちゃんママが先生と話している隙に、4歳児2人はさっさと歩き出し……よそ見しながら歩いていたKちゃんは、通路のかどっこで頭をごちん!とぶつけました。

Kちゃんは一瞬、あっ!泣くかも!という顔になりましたが、わたしが『大丈夫?痛かったよね。』と声をかけると黙ってうなずいただけで、また歩き出しました。

その後、追いついてきたKちゃんママにわたしが状況を説明している時、ふとKちゃんと目が合いました。

ママにぴったりくっついていたKちゃんの大きなおめめに、もりもり涙が込み上げてきて、口もへの字口に。

ああ、そうなんだ。

お母さんの側だから泣けるんだ。

やっぱり痛かったし、泣きたかったよね。
でもおばちゃんしかいなかったから我慢してたんだ。

お母さんだから、安心して甘えられるんだ。
お母さんだから、遠慮せずに全部の感情をぶちまけられるんだ。

人一倍泣き虫なうちの子も、幼稚園では何回かに1回はこうやって涙を飲み込んで、ひとりで頑張っているのかもしれない。

そう思うと、わが息子の地獄のような癇癪も、ありがたいことのような気がしてきました。笑

Kちゃん先生、ありがとうございました。

写真はいいのがなかったので、息子とKちゃんの夏休みの思い出。

6 件のコメント

  • 我が子から、我が子の友達から感じ取る大きな気づき。
    母の気づきは母の成長。
    母の成長はさらなる子どもたちの成長を促しますね。

    これからもっと子どもたちを見る目が豊かな母の目になるな~と思いました。

    • みっこさま

      やっぱりお母さんって特別なんだな〜と思った出来事でした。

      今度からは、息子が地獄モードに入った時にも、彼女の涙いっぱいのおめめを思い出してわたしまで地獄へ行くことはなさそうな気になっています。今は。笑

  • わぁ…Kちゃん、えらかったですね♪
    「もりもり涙が」という瞳さんの表現にその様子が手に取るように浮かんできて私ももらい泣きしそうでした(>_<)
    そうですよね…おうちでは泣き虫の子どもだって、お外ではきっと頑張ってるんですよね。人前で泣けるのなんて今のうち…私も泣いてもいいんだよといってあげられる余裕のある母になりたいです。
    素敵な気付きをありがとうございました(*^^*)

    • みゆみゆさま

      わたしももらい泣きしそうでした〜。
      子どものお母さんに対する信頼ってすごいなー、お母さんって偉大なんだなーと感動しました。
      わが子の見えないところでの頑張り、感じてあげられるようになりたいなと思いました。

    • 藤本さま
      家族ぐるみで付き合いがあり、息子とも仲が良くてしょっちゅう会う子なので、こちらは『我が子同然に……』と思っていたのですが、子どもからしたらぜーんぜん違う(当たり前ですが)んだということがわかって、感動の裏でちょっぴりショックでもありました。笑
      そして、果たしてうちの子はこんなにわたしのことを信頼してくれてるのかしら!?と不安にもなりました。(^_^;)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    神澤瞳

    6歳男子、3歳女子、0歳男子、40オーバーで3人のお母さんに。
    大阪生まれ、大阪育ち。ダンナさんも大阪もん。
    名古屋市在住。

    子どもが生まれたら、専業主婦になって、凝った料理に手作りおやつ、パンも焼いちゃうぞ♪手芸もやって、子どもに洋服縫ってあげて……。

    ……って、専業主婦にはなったけど、何ひとつ実現できていません!
    主婦なめてました、スミマセン……。

    まだまだこれから、修行中。