血の繋がりのない父と子③

この一週間、主人の帰宅が遅く、父と子の会話なし。

会話もなければ、罵声もなし。

夕飯もゆっくり食べられる。

ここにゆとりを感じているわたし。

実子である下の子に対しては、極めて優しい。
しかし2歳を過ぎ、わがままというか我が強くなり、いうことを聞かないというか、何を言ってるのか、何をしたいのかがわからない。

ほとんど怒られることなく育ったこの2年のせいで、

泣き過ぎてるせいで
『もういいよ、好きにしろ』
と、見放されるだけでえらい号泣。

号泣のスイッチが入ると何しても拒否。

大好きな飲み物も跳ね返され、廊下は水浸し。。。

アトピー性皮膚炎のせいで、お腹や首に湿疹があり、慰め方といえば
『体が痒いね〜〜』
と繰り返すだけ。

漢方治療が気に入らず、わたしに対する当てつけだと読み取っている。

オロナインなんて塗ろうとするから、断固拒否。

『俺はこれで治った』と。

食物アレルギーも併発してる子に、オロナインなはないでしょ。。。

ただとアトピーの引っかき傷だとしても、アトピー性皮膚炎にオロナインなんて聞いたことない。

下の子はコップを跳ね返した後、少し引っ掻いたところを冷やして、やっと抱っこさせてくれました。

ゆっくりお話ししながら布団に向かい、横にしたら3秒で寝ました。

そりゃそーよ、もう、22:00。

服を着るのを拒み、毎日全裸で寝てます。
肌に毛布が当たると痒いから、と主人が言うので、オーガニックコットンカバーの掛け布団をかけてみた。

ここ二週間夜中と明け方とに2回くらい起きる。

全然ねれない毎日。

なので寝落ちするとこがほとんど。

疲れが取れない。

子供のアトピーと食物アレルギーと気にしながら毎日生きています。

ご飯の時は楽しく。

ご飯が終わったらお姉ちゃんと遊ぶ。

朝起きるのが遅くて、お姉ちゃんがいないとつまんなさそう。

罵声が飛ばないだけ穏やかな毎日。

眠くてもなんでも、それがなければ良しとしよう。

家族として成長するには、まだまだ時間がかかる。

のんびりファミリーです。


ABOUTこの記事をかいた人

岩本 弥生

静岡市清水区で清水Nostal版の編集長やってます。 仕事柄、家庭の不満や、私のブラックな部分をさらけ出せるところがない。 そんな時は、ここ。 すごくネガティヴだったり、すごく毒づいたりするかもしれませんが、よろしくお願いします♪