静岡県浜名湖『ぬくもりの森』はインスタ映えの聖地

静岡県浜名湖のほとりにある『ぬくもりの森』

まるでジブリみたいな世界観といううわさを聞きつけ

ずっと行ってみたいと思っていた場所

 

 

1983年に佐々木茂良が自身の建築事務所兼家具工房である

「ぬくもり工房」をこの地に建設したのがはじまりだとか

 

現在では

カフェや雑貨が立ち並ぶ小さな村のようになっている

 

 

可愛すぎる世界観に

スマホ片手の若い女性やカップルが

一生懸命写真を撮り合っている

 

 

個人的におススメなのは

あかりが灯り始める夕暮れ時

11月では5時くらいになると

幻想的な風景が広がって

シャッターを切る手が止まらない

 

 

窓に灯るあかりをずっと眺めていた方けれど

閉園は18時

(レストランを予約していればもっと遅くまで可)

高速も渋滞しているし帰らなければ

 

なんだか

おとぎ話が書けそうな気を起こしてくれる

『ぬくもりの森』だった

 

ABOUTこの記事をかいた人

八木橋 真心

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。