はらこ飯・豚肉と白菜のミルフィーユ鍋

昨日の夕飯。
宮城県周辺の秋の郷土料理「はらこ飯」。
そして豚肉と白菜のミルフィーユ鍋。

はらこ飯は、鮭を醤油やみりんを入れただし汁で煮て、その煮汁でご飯を炊き、炊きたてご飯の上に先ほどの鮭と醤油漬けしたいくらを載せて食べるもの。
1年ぶりに作ってみた。
娘も食べるため、にんじんとネギも追加して炊き上げた。
※娘はいくら抜き。

豚肉と白菜のミルフィーユ鍋の作り方は、以前私の「先生」として紹介した「ストウブで無水調理」(大橋由香/誠文堂新光社)のレシピ。こちらはストウブという鍋で、豚肉・白菜・油揚げ・塩のみの材料でシンプルだかものすごく美味しい!
メーカーの回し者でもなんでもないけど、このストウブと本があれば少ない調味料で簡単に美味しいものができる。
友人がプレゼントしてくれなかったら、この鍋の存在に気づかなかったかもしれないけど…

今日も昨日の残りがあるので、楽しめる♪
シンプルで美味しいものって幸せだな。

ABOUTこの記事をかいた人

MJプロ│お母さん歴約6年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母│たまにお母さん大学本部公認“企画担当” 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、体×心×頭を整えてやりたいことバランスよく挑戦するお手伝いもしています。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガインストラクター│和みのセラピスト│ライター。 *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/