「ちいさい おおきい よわい つよい」と「おそい はやい ひくい たかい」

]題名を見て「なんのこっちゃ?!」と思う人、多いでしょう。

これは「こども・からだ・こころBOOK」と

「こども・きょういく・がっこうBOOK」という本です。

子どもが小さいときに出会いたかった!と思いましたが

娘が子宮頸がんワクチンで悩んでいたときにも助けてもらいました。

予防接種とか、成長のこととか

親の悩みはどんどんやってきます。

そんなときにちょっと冷静に考えられるようになるための

情報が載ってる、とても愛情ある本だと思います。

いろんなこと、最後に決断するのは親、不安も負担も大きい。

世の中の情報はどんどん進んで、コロコロ変わっていくけど

こうした筋の通った本に出合うとホッとしますね。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪