お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

初めての雪

あたたかい横須賀市にも、雪が積もりました。

最近、『何年に一度の』がつく気象が多い事には別の懸念があるものの、

こうしてなかなか見られない雪を見られて、

つい次の日の朝は、娘に防寒具を着せて外へ連れ出しました。

 

初めて触るものだと分かって触っているのが、よく分かるこの頃。

そぉーっと手を伸ばして、

つまんで、

パク。

『びぇ』と、雪を口から出す娘。

 

しかしその後も

『冷たいっていうの知ってる?』と、

母に若干のツッコミをされながらも、

雪を握り続けたり、食べたり、投げたり、

足でジャジャジャ~っと、掻いてみたり。

 

お散歩に来た兄弟とお母さん、

『うちのはまだフカフカだから、どうぞ踏んでいってください。』

と、声をかけて。

ひとしきりお楽しみいただき、また歩いていくお兄ちゃんたちに

娘はいつまでも、手を振り続ける…

 

本当に人が好きな子です。

 

好奇心の塊のような姿は、

一歳児の特徴というより、母からの遺伝?

 

雪のおかげで、ホッコリした朝でした。

3件のコメント

食べちゃいましたか?

それも、いい経験。

いい写真、いい瞬間を撮れましたね。

はじめて、雪を食べた日、覚えていますか♪

歌ってください。

めずらしい関東の雪の日

お母さん大学生たちも、ずいぶん、楽しんで発信してくれていますが、

お母さんだからこそですね。

あまり車通りのない場所で、綺麗な雪。さぞ美味しかったろうと思います^^
娘の『初めて』が溢れる今日この頃、
幸せな時間です。
横須賀生まれ、横須賀育ちの温暖な地域っ子だった私にとっても、
ワクワクする朝でした。

娘ちゃんの可愛らしさが溢れている記事です!
「好奇心」を親子で楽しんでる〜〜そんな感じ。
ワクワク、ドキドキ、が止まりませんね。

コメントを残す